TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 採用情報 > 先輩からの声
所  属 国内事業部国内販売グループ
入社年度 2009年
学生時代の専攻 社会学研究科総合社会科学専攻
 現在の仕事内容は?
 
 私は、当社の営業部門である国内事業部国内販売グループに所属しています。
 国内販売グループは、お客様である国内の新聞社・印刷会社に対して輪転機を中心とする製品の販売や、お納めした輪転機を安定的・効率的にお使い頂けるようメンテナンスの提案等を行っています。私も担当しているいくつかのお客様に対して、定期保守等のご提案をさせて頂いています。保守といいましても、当社は印刷総合システムメーカーとして、小さな部品1点から3階建てのビル程もある巨大な輪転機を取り扱うため、とても幅広い仕事があります。
 私は事務部門から営業に異動しました。そのため、業務についても輪転機についてもまだまだ勉強中です。それでも、私のおかげで仕事がうまくいった、助かったと言ってもらえることもあり、とても嬉しく思います。
 
  東京機械製作所に入社を決めた理由は?
 

 まず、業種として、メーカーがよかったということ。様々な業種がある中で、私は自分の勤める会社の仕事が社会で目に見える形で役立っているほうがいいなと思いました。
 また、歴史のある会社であること。伝統があり長く業界をリードしてきた会社のほうが、落ち着いて働けると考えました。
 さらに、採用期間中に出会った当社社員の雰囲気がよかったということもあります。(これは入社してから、間違っていなかったことがわかりました)
 余談ですが、学生時代の先輩や友人に新聞記者がおり、関わりのある仕事がいいかなと思ったのもきっかけの1つです。

 
  1日の仕事の流れ
 

 事務部門で働いていた頃と比べ、働き方はずいぶんと変わりました。
 いまは、お客様を訪問し社外にいることもあれば、内勤で1日中会社にいることもあります。また工事の相談などで、お客様を工場(かずさテクノセンター)にご案内することもあります。1日の流れは、日によってさまざまですが、お客様と工場の間に立って働くのが営業です。また私は勉強も兼ねて、ある新聞社様の更新工事に立ち会わせて頂いています。この工事では、複数セットの輪転機を入れ替えるため工期も長く、また納入後も長期間に渡りご使用頂くため、私も気が引き締まります。

 
  後輩へのメッセージ
 

 社会人として会社という組織で働くことは、学生時代とは違った面白みがあります。学生時代は比較的自由にものごとを決めることができますが、会社という組織では思ってもみなかったような様々な経験を積むことができます。
 先ほど述べましたとおり、私は入社からの数年間は事務部門で業務についていました。そのときの仕事といえば、例えば監査業務や株主総会対応など、会社の仕組み作りや会社状況を外部に報告する、「出口」に関わる業務に携わっていました。今は営業部員として、会社の仕事を得る業務、すなわち「入口」に携わることになりました。
 会社はルールに則って運営されなければなりませんが、お客様が必要とするものを提供できなければ、会社の存在意義がありません。このように、私は会社に必要な、だけれども対照的な2つの業務に携わることで視野を広げられました。
 直属の上司から、異動は「サラリーマンの醍醐味」と言われたことがありました。それぞれの部門の与えられたミッションの中でいかに自らの能力を発揮し自在に働くか。これが会社という組織で働くことの面白みなのだと思います。
 東京機械製作所で、ぜひその醍醐味を味わってください。