TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 製品情報 > 新聞・商業用輪転機 > エコノマスターBHK-1000
新聞・商業用輪転機(兼用機)
エコノマスターBHK-1000オフセット輪転機B縦半裁エコノマスターBHK−1000オフセット輪転機

エコノマスターBHK−1000は、枚葉機並の設置スペースで、新聞をはじめ雑誌、チラシなど多目的用途を持ち、小ロット印刷にも適した極めて経済的な使いやすいオフセット輪転機です。
印刷目的に合わせた多彩なユニット構成が簡単にでき、ユニットや種々のオプション類を追加することで、その後のニーズの変化にも直ちに対応できます。
特に、すでに定評のある大型オフ輪の ノウハウが十分に生かされたサテライトユニットHBP−1300を組み込むことにより、高品質のカラー印刷を高速で行うことができます。
版胴、ブランケット胴の表面にステンレス溶着加工が施されていますので、耐久性が極めて高く、印刷精度を長年にわたって保ちます。
版胴、ブランケット胴にはプリロード調整が行われた超精密級テーパーローラーベアリングが装着されていますので、高い印刷精度が得られます。
主要ギアーは全て浸炭焼入処理し、精密研磨仕上げがされていますので、回転精度を長時間維持します。
長年の経験から得た当社独自の版胴ロックアップ装置を採用していますので、ワンタッチで確実な版締めが行えます。
ブランケットの装着は、ブランケットの両端を個別に締め込める機構になっていますので、均一に締め込むことができ、微妙な調整も容易にできます。
ブランケット胴、インキ着けローラー、水着けローラーは遠隔操作により着脱可能です。
版胴の天地、左右レジスター調整は運転中でも手動式調整ができます。また、手動式のコッキングレジスターを装備しています。
インキングはダイヤ目ローラー方式による連続供給システムを採用し、常に安定したインキ被膜を版面に供給します。
湿し水装置は連続供給システムを採用し、常に安定した水被膜を版面に供給します。
ユニットカバーは、ギアー側が窓付きの密閉構造になっていますので、保守点検が容易です。
給油方式は、駆動側がフレームカバー内にオイルポンプを内蔵した強制給油による循環方式、操作側がグリースガンによる集中給油方式を採用しています。
印刷中に発生する紙切れなどは、ペーパーディテクターで感知され、機械停止と同時にブランケット胴を自動的に逃がし、ブランケットの損傷、および胴とジャーナル部へのショックを最小限に抑えるための緊急停止回路が組み込まれています。
給紙装置はBB印刷ユニットの下部に組み込まれており、巻取芯棒(エアーシャフト)により簡単な操作で巻取紙の着脱ができます。フローティングローラーの動きに連動したディスクブレーキとインフィードローラーにより、走行紙は安定したテンションで印刷ユニットに送られます。
エアーディスクブレーキへの冷却水は、電磁バルブの自動開閉により、印刷中だけ供給されますので節水を図ることができます。
折畳ユニットは折精度の正確な2:1フォルダーを採用、2ページから24ページまでの高速折畳能力を持っています。駆動ギアーには強制循環給油方式を採用、折機全体の精度と耐久性を考慮した機構になっています。
ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To EnglishTo Chinese
著作権