TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)> drupa2004出展情報
これまでの情報
drupa2004出展情報

CT9000CDH(イラスト)
国産初の6×2輪転機を実演

当社では平成16年5月6日〜19日にドイツのデュッセルドルフで開催されるdrupa2004に、新規に開発した国産初の欧米向け新聞用6×2タワー型シャフトレスオフセット輪転機を出展し、同社のカウンタースタッカーCS―510と結んで実演を行う。
またB縦半裁シャフトレスオフセット輪転機HB ―5000ED、東機エレクトロニクス社の紙面監視装置INSPECTOR―300Rを実機展示で紹介する。
6×2輪転機は幅方向6頁、縦2頁周長の版胴、ブランケット胴を採用することで、現在多用されている4×2(幅方向4頁・縦2頁周長)輪転機の1.5倍の頁数の印刷が可能で、多頁印刷時の連結印刷ユニット台数の削減ができる。そのため据付面積、イニシャルコストの低減ばかりでなくランニングコスト面でも、ペースター回数の減少及び紙パスが短くなることでの損紙低減、消費電力、メンテナンス費用の低減など利点が多い。
さらに当社製6×2輪転機は、他の6×2輪転機がサテライト型多色ユニットを2段重ねしたタイプであるのに対し、BBユニットをスタックしたタワー型であるため紙パスが短く、紙通しが容易、版胴にスタガーのない一本溝のため版装着が簡単という特長である。このほか、当社製新聞用4×2輪転機と同様、スーパーレジスターデバイスによるファンアウトの防止、カップルドライブ方式の採用による胴単位での版着脱、及びブランケット交換等などの機能が盛り込まれている。実用最高印刷速度は18万部/時で、6×2による頁数増と相まって高い生産性を実現している。
(東京機械ブース:15B25)

欧米向け新聞用6×2輪転機の主な仕様
カットオフ :21インチ(533.4mm)
紙幅 :最大75インチ(1905mm)
版寸法 :1W1L、2W1L
インキ供給 :高速DIPまたは壷方式
湿し水装置 :スプレー
折機 :2:5:5ジョウフォルダー
最高印刷速度 :18万部/時(常用)
 

著作権