TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)> タワータイプ複合型シャフトレスオフセット輪転機を納めたお客様 -中日高速オフセット印刷株式会社殿 -
これまでの情報
タワータイプ複合型シャフトレスオフセット輪転機を納めたお客様
新聞用B縦倍判カラートップ7000CDH+商業用B縦半裁カラートップ3500CMUD
中日高速オフセット印刷株式会社殿
お客様の声
 弊社は昭和41年に中日新聞の関連会社として設立され多色刷り新聞オフセット輪転機を導入。翌年の中日新聞新年号から日本で初めてとなる新聞オフセットカラー印刷を開始しました。そして昭和45年に名古屋城を望む現在の名古屋市北区に移転と同時に、新聞24頁8個面カラーが印刷できる、当時としては東洋一を誇る新聞オフセット輪転機を導入して、中日、東京新聞が発行するフリーペーパーを印刷。商業印刷では、昭和51年から中日新聞地域広告版を手がけています。
 また弊社には、新聞印刷の金城工場(新聞40頁20個面カラー印刷可能な輪転機が2セット)と商業印刷を行う七夕工場(B縦半裁商業輪転機2セット、複合型輪転機1セット)の2工場があります。今回の新聞タワー機7000CDH1台と商業タワー機3500CMUD2台からなる複合型輪転機は、七夕工場の老巧化した輪転機を更新するため導入したもので、水平通し商業機1台分のスペースに、タワー機なら3台入るというメリットが十分実感できました。特に当方が一番危惧した、商業タワー機からドライヤーへのターン部分での紙汚れ対策やその他の難問もすべてクリアしていただき、東京機械の持つ技術力の高さを証明してくれました。
 現在順調に稼働しているこの複合型輪転機は、折機を2台設備しているため、シャフトレス効果によって別銘柄を同時に印刷できるので印刷能力が倍となり、前の輪転機の印刷速度を考えると倍以上の能力を発揮しています。印刷品質も高く満足しています。
 次期の更新時にも検討に値するタワー輪転機であると考えております。
輪転機構成
     
     

   
   
給紙部
(3腕オートペースター、インフィード装置付) 1台
(2腕オートペースター、インフィード装置付) 2台
印刷部 :カラートップ7000CDH(H型) 1台
:カラートップ3500CMUD(H型) 2台
乾燥部 (全熱風式2ウェブ用2段積み、脱臭装置別置) 1台
冷却部 (2ウェブ用4本ローラー型2段積み) 1台
折部 (2:2:2ジョウフォルダー) 1台
シャフトレス駆動および制御装置 1式
   
   
   
   
主な仕様

  [新聞用輪転機] [商業用輪転機]
巻取紙
坪量 : 40g/m 2 〜60g/m 2
 
40g/m 2 〜110g/m 2
  直径 : 最大1143mm   最大1143mm
    紙幅 : 最大1626mm 最大 880mm
      紙質 : 新聞、更紙、中質紙、上質紙、コート紙
版胴円周長 1092mm   546mm
カットオフ 546mm   546mm
最高速度 102000CPH   850rpm
色数 表4色、裏4色   表4色、裏4色

紙面構成例      
新聞2ページ・タブロイド判4ページ両出し、D巻(コート紙または更紙)使用
新聞4ページ・タブロイド判8ページ両出し、D巻(コート紙)使用
新聞4ページ・タブロイド判8ページ両出し、A巻(更紙)使用
新聞6ページ片出し、C巻(更紙)使用
タブロイド判12ページ両出し、D巻(更紙)・A巻(更紙)使用
新聞8ページ・タブロイド判16ページ両出し、D巻(コート紙または更紙)・A巻(更紙)使用
新聞12ページ・タブロイド判24ページ片出し、D巻(コート紙または更紙)・A巻(更紙)使用
新聞16ページ・タブロイド判32ページ片出し、D巻(コート紙または更紙)・A巻(更紙)使用
ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To EnglishTo Chinese
著作権