TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム> 新着情報(これまでの情報)> 商業輪転機を納めたお客様 - 株式会社須田製版 旭川支社殿 -
商業用B縦半裁カラーマスターHB―5000EDRオフセット輪転機を納めたお客様
株式会社須田製版 旭川支社殿
お客様の声

須田製版は、大正12年札幌にて、北海道内における写真製版業の先駆けとして創業し、昭和35年印刷部門を併設、以後チラシをはじめとした商業印刷の分野で成長を続けてまいりました。今回「HBー5000EDR」を導入した旭川支社は、道北、道東エリアを商圏としております。旭川は大雪山の麓の自然の恵み豊かな地にあり、札幌に次ぐ道内第2位の拠点都市でもあります。最近は日本最北の旭山動物園が全国的な人気となり、観光客が多く訪れているところです。
旭川支社は昭和54年にB2輪転機を導入、その後平成6年に更新、平成17年「HBー5000EDR」を増設し輪転機が
2台となります。「HBー5000EDR」は、シャフトレス化によりユニット単位で出来る版自動交換による印刷準備時間の
大幅な短縮が実現しました。またCTPからのインキデータをCIP3システムにより印刷機に直接入力、短時間に800回転まで立ち上がり、損紙削減によるランニングコストの低減やメンテナンスの容易さなどの利点があり、効率的な作業を約束してくれ、生産性の向上に大いに役立っております。
東京機械製作所のカラーマスター商業輪転機は道内初の納入のため、アフターサービス、メンテナンス等、少々不安を感じておりましたが、担当営業の方、技術の方々の東京と旭川の距離を感じさせない迅速で細やかで親身な対応には心より感銘を受けております。
今後は「HBー5000EDR」が強力な武器となり、旭川支社の成長と繁栄の大きな原動力となってくれるものと確信しております。

輪転機構成
給紙部(2腕オートペースター付) 1台 冷却部(4本ローラー型) 1台
インフィード部 1台   折部(単幅2胴式2:2、チョッパー付) 2台
印刷部(水平B―B型) 4台   シャフトレス駆動および制御装置 1式
乾燥部(全熱風式・脱臭装置付) 1台      
 
主な仕様
巻取紙
紙質 : コート紙、上質紙、中質紙、更紙、新聞
坪量 : 40g/m 2 〜130g/m 2 (B全連量34kg〜108kg)
直径 : 最大1100mm
紙幅 : 最大880mm, 813mm, 765mm, 最小625mm
版胴円周長 546mm
カットオフ 546mm
最高速度 800rpm
色数 表4色、裏4色
折丁
B4判    2頁×1列出し、または2列出し
   4頁(長B3)×1列出し
   4頁×2列出し
   8頁×1列出し
B5判    8頁×2列出し
    16頁×1列出し
ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To English To Chinese
著作権