TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)> 玉川製造所、かずさアカデミアパークへ移転決定
 -会社情報-
玉川製造所、かずさアカデミアパークへ移転決定

当社は、東急東横線武蔵小杉駅に隣接した玉川製造所周辺の再開発による地域環境の変化に伴い、移転先を千葉県木更津市と君津市にまたがる「かずさアカデミアパーク」に決定し、平成19年3月28日には、千葉県より立地のための認可が下り、同日午後2時30分から県庁知事室において立地協定を締結しました。
建設される新工場「TKSかずさテクノセンター」は、玉川製造所の生産機能を移管し、輪転機をはじめとする当社製品の研究開発や、大型輪転機の製造などを中心に行う主力工場となります。平成19年10月1日に着工、平成20年12月末の完成を目指して建設工事が進められ、稼働は平成21年4月を予定しています。その規模は、敷地面積が67,634m2(約20,459坪)と玉川製造所の約倍の広さを有し、研究棟と機械加工・組立・熱処理を行う製造工場などが建設されるほか、敷地面積の約35%を緑化スペースとして設けるなど、環境にも配慮した工場が完成する予定です。
移転先のかずさアカデミアパークは、総面積が約278ha、恵まれた自然環境の中、先端技術産業の研究施設を中心に形成され、さらに、国際会議・学術会議・セミナーなど研究交流や地域の文化活動を目的とした施設も併設、人、技術、自然のバランスのとれたサイエンスパークです。
TKSかずさテクノセンターの着工に先立って、三重県伊賀市にある既存の伊賀工場も平成19年6月からリニューアル工事が開始され、設備強化が図られると共に、今後は、関東、関西の2大工場を拠点に研究開発・生産・サービス体制を確立していきます。
 

著作権