TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム> 新着情報(これまでの情報)> カラートップ・ミニビー納入情報
「カラートップ・ミニビー」は、現在、室蘭民報社様、岡谷市民新聞社様に納入され、今秋からは、宮崎県延岡市の夕刊デイリー新聞社様にて稼働の予定です。

この「カラートップ・ミニビー」の新たな納入情報をお届け致します。

東京機械製作所製の新型シャフトレス輪転機「カラートップ・ミニビー」、導入4セット目のお客様は、宮城県石巻市の石巻日日新聞社様となりました。本稼働は本年12月中旬の予定です。

機器構成は「カラートップ・ミニビー」のタワー1台、および給紙ユニット1台、さらに「BHKオフセット輪転機」の印刷部1台、B5折付きの折り畳みユニット1台という組み合わせです。

石巻日日新聞社様は宮城県石巻市の夕刊紙です。私ども東京機械製作所とは、新聞社様が創刊70周年を迎えられた昭和57年、当社製の「BHKオフセット輪転機」を納入させて頂いて以来のおつきあいとなります。

「カラートップ・ミニビー」は、版胴、ブランケット胴がともにシングル胴で、版胴は2ページ幅×1ページ長さ、いわゆる「B縦半裁」サイズの輪転機です。

新聞用の大型オフセット輪転機「カラートップ」の設計思想を継承しながら、コンパクトで使い勝手の良い輪転機として誕生した「カラートップ・ミニビー」は、主として、同じB縦半裁サイズで、従来から多くのお客様にご使用頂いていた「BHKオフセット輪転機」のユーザー様における輪転機更新や、既存の「BHKオフセット輪転機」への増設という形で納入させて頂いております。

今回ご導入頂きます石巻日日新聞社様も、四半世紀にわたり当社製輪転機をお使い頂き、その性能や安定感をご評価頂いたということと存じます。

石巻市は風光明媚で漁業、農業が盛んな地域です。古くは伊達政宗公が、この石巻の地勢を海陸の要衝であると見抜いて水運の便を整備、これをきっかけとして、石巻港は徳川幕政十六大港のひとつとして、おおいに栄えました。

漁業においては、宮城県内の約6割を生産する「石巻のかき」だけでなく、ホヤ、サンマ、たらこ、かまぼこと、新鮮な海産物には事欠きません。

また、宮城県出身で『サイボーグ009』、『仮面ライダー』等の作品で名高い漫画家、石ノ森章太郎氏を記念する『石ノ森萬画館』も有名です。

このような石巻市において、地域に密着した新聞事業を展開される石巻日日新聞社様に、「カラートップ・ミニビー」の第4セット目が納入されます。本年末より「カラートップ・ミニビー」が新聞社様お役に立てることは、私どもの大きな喜びとするところであります。

 
ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To EnglishTo Chinese
著作権