TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)> カラートップ・エコワイドとTKSジェットリーダーの実演運転

カラートップ・エコワイドの実演運転


去る11月24日より27日まで東京ビッグサイトで開催されましたJANPS2009期間中、ご多用中にもかかわらず、私ども東京機械製作所ブースにお越しいただきました皆様方、どうも有り難うございました。

東京機械製作所では、展示のメイン・テーマを「エコ&デジタル」と致しました。弊社ブースに於きましては、4×1型輪転機「カラートップ・エコワイド」等の実機運転を行ない、多くのお客様にご覧頂きました。

限られたブースと実演時間でありましたため、4×1機の最大のメリットである版材費50%削減、消費電力20%削減、重量20%削減のエコ効果を感じていただくことは困難であったかと存じますが、ご来場頂いた皆様はどのような感想をお持ちでしたでしょうか?

この「カラートップ・エコワイド」には、TKSカットオフコントロールシステム「T−CUTTER」や、新聞用色濃度監視制御装置「CMAC」、そして2媒体同時印刷システム「GEMINUS」、さらには「ハイブリッド印刷」の機能を搭載して実演運転を行ないました。

実演運転がはじまり輪転機の動作音が響き始めると、たいへん大勢の皆様が弊社ブースへと足を運んで下さいました。あらかじめ想定していた簡易椅子の数では到底足りず、急遽追加、大急ぎで設営してと、多少スマートさには欠けましたが、一人でも多くのお客様に「カラートップ・エコワイド」の威力を体感して頂こうという一心でした。

その人垣は幾重にも重なり、当社ブース前の通路まで大変な賑わいとなりました。長時間お立ち頂いたままで実演運転におつきあい頂いた皆様に、改めて感謝を申し上げたい思います。

 
ジェットリーダーの実演運転

さて、JANPS2009、私どものブースにおきまして、「カラートップ・エコワイド」同様、大きな注目を集めましたのが、「TKSジェットリーダー」です。

「TKSジェットリーダー」は私どもが初めて開発致しました、オール・デジタルの印刷機です。
「新聞輪転機メーカーが作ったデジタル印刷機」がその開発コンセプトです。

小ロット、あるいは極小ロットに対応、多品種生産に最適なこの「TKSジェットリーダー」は、刷版、湿し水ともに不要で、高画質、高速印刷を実現致します。
「TKSジェットリーダー」の印刷方式はインクジェット方式です。水性インクを使用し、実演運転では毎分150メートルのスピードで、フルカラーによるタブロイド4頁の新聞を印刷致しました。


 TKSジェットリーダー刷見本のイメージ
今後、さらにスペックを上げて行くと同時に、お客様からアドバイスを頂いて、このデジタル印刷機が創り出す新しい印刷の世界を、私どもは追求して参ります。

東京機械製作所が開発致しましたデジタル印刷機「TKSジェットリーダー」には、まだまだ改善すべき点がございます。今後さらなる開発を続け、より実用に堪えるデジタル印刷機と致します。そして皆様の新たなビジネス・チャンスのお力添えが可能となりますよう、「カラートップ・エコワイド」同様、全力を挙げて進化させて参ります。

 
ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To English To Chinese
著作権