TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)> 高速オフセット摂津工場殿にてカラートップ・エコワイド本稼働始まる/読売新聞茨城西工場殿、本稼働始まる
高速オフセット摂津工場殿にてカラートップ・エコワイド本稼働始まる













東京機械製作所製の4×1型輪転機である「カラートップ・エコワイド・オフセット輪転機」は、2010年8月、株式会社高速オフセット摂津工場殿にて本稼働を開始致しました。

昨年1月の受注以来、私どもは刷版費用の半減、電力消費量の削減、市販ブランケットの使用など、次世代型のエコ輪転機であるカラートップ・エコワイドのメリットを最大限に活かす事ができるよう、検証を重ねて参りました。
また、シングル版胴用の新たなロック・アップ機構や、バウンシングを抑制するギャップ・フィラーを開発、版替えの多い印刷工場である高速オフセット摂津工場殿にとって、本当にお役に立つ4×1型輪転機の実現を目指して参りました。
高速オフセット摂津工場殿の皆様には、実際に弊社玉川製造所にお越し頂き、様々な角度から仔細に検証頂きました。
今回の納入機の機械構成は2CT44・2CT22・1F・4Rです。32ページ16個面カラー印刷が可能で、摂津工場殿に納入される2セットのうちの1セットです。2セット目の納入工事も引続き進行しています。

高速オフセット殿は1986年の設立、本社を大阪市北区梅田におき、毎日新聞本紙やスポーツニッポンなどの新聞のほか、書籍、パンフレットなどを印刷している総合印刷会社です。
摂津工場殿は、大阪府の中北部、大阪中心部からは10キロ圏内の摂津市に位置しています。また同社の堺工場では、カラートップ7000CDオフセット輪転機3セットが稼働しています。
新聞印刷のみならず商業印刷にも長い経験と実績をお持ちである高速オフセット殿より、私どもは様々なアドバイスを頂きました。その結果、今回の納入機には様々なノウハウを結集することができました。

私どもにとって、初の4×1型輪転機の稼働です。今後、更なる安定稼働にむけて全力を尽くす所存です。

読売新聞茨城西工場殿 本稼働始まる


読売新聞茨城西工場殿は、読売新聞の29番目の印刷拠点として2005年5月に竣工、弊社のカラートップ7000CDオフセット輪転機2セットが納入されました。

茨城西工場殿は、北関東自動車道「茨城町西インターチェンジ」の至近、新聞発送に便利な地域に建設された近代的な印刷工場です。

この度、3セット目のカラートップ7000CDオフセット輪転機増設工事が完了、8月4日より本稼働を開始しました。
増設セットの機械構成は、2CT44・1CT42・2CT21・1F・5Rで、最高速度は17万部/時、既設の2セットは40ページ16個面カラーですが、この増設セットは40ページ20個面カラー印刷が可能です。
 
ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To English To Chinese
著作権