TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)>
 
JETLEADER1500によるTHE WALL STREET JOURNAL ASIA版の印刷を開始

私ども東京機械製作所は、デジタル印刷機JETLEADER1500を用いて、The Wall Street Journal Asia版(関西向け配達分の一部)の印刷を開始致します。

JANPS2009にJETLEADERの1号機を出展して以来、新聞印刷現場を知る輪転機メーカーの視点で、2年間にわたり研究開発を続けて参りましたが、この度、「わが国初のデジタル印刷機による新聞印刷」が本番稼動の運びとなりました。

現在、読売新聞江東工場で印刷し、新幹線あるいは飛行機で関西地区へ発送しているThe Wall Street Journal Asia版の一部を、弊社の伊賀テクノセンターに設置したJETLEADER1500で印刷致します。このJETLEADER1500による本番印刷の期間は、4月16日付朝刊から約1年間を予定しております。

わが国における海外新聞の現地印刷ということで、データ送信や、時差による特殊な降版時間など、クリアすべき問題は多々ありましたが、専用のワークフローを構築、デジタル印刷のため深夜印刷シフトも最少で済み、充分に運用可能と判断致しました。

これにより、最新の情報をオフセット印刷機よりも安価かつ自由に少部数印刷するという、デジタル印刷の特長を生かした新聞印刷が、ようやくわが国で実現することになります。

今後私どもは、デジタルによる本番印刷の過程で様々なノウハウを吸収し、また、本プロジェクト以外の空き時間の有効活用も模索しながら、JETLEADER1500の更なる進化に注力して参ります。

なお東京機械製作所では、本年ドイツで開催されるdrupa2012にて、JETLEADER1500のデモンストレーションを行う予定です。

 
 
 
drupa 2012 出展情報


drupa 2000に初出展して以来、4回目となる今年は、キャッチフレーズを 『Think variable: boundless opportunity』 (バリアブル印刷。それは無限の可能性) として、多様化するお客様のニーズに応えるデジタル印刷機JETLEADER 1500と最新鋭4 x1 新聞印刷機CT5000UDIを展示致します。特に、デジタル印刷を用いて生み出される新たなビジネスチャンスを、実演を交えて紹介致します。

1. ドロップオンデマンド デジタル印刷機 JETLEADER 1500 の実演

新聞印刷
  ≪当日付Dow Jones社殿The Wall Street Journalを毎日印刷≫
  毎朝当日付の紙面情報を、米国からdrupa会場に送りTKS ワークフローで処理し、米国国内版と同じ紙面構成(最大5セクション72ページ)のThe Wall Street Journalを、600 x 300 dpi, 毎分150mの印刷速度で実演致します。
   
  ≪ベルリナーサイズ、タブロイドサイズの新聞を印刷≫
  TKS製オフセット輪転機のユーザーである韓国の中央日報社殿(ベルリナーサイズ)、日本の京都新聞社殿(タブロイドサイズ)の紙面をデジタル印刷で紹介致します。
     

 

一般印刷&製本
  上質紙を使用したタブロイドサイズの製品を、600 x 600 dpi, 毎分150mの速度で印刷致します。また、VITS社製シートカット装置、ホリゾン社製断裁機、無線自動綴じ機と組み合わせ、A4サイズ、A5サイズの製本作業を実演し、JETLEADER 1500が生み出すビジネスソリューションの一部を紹介致します。
       
2. 4x1 オフセット新聞輪転機CT5000UDIの機械展示

2011年9月からインドで実稼働している最新鋭4 x1 新聞輪転機を紹介致します。版胴、ブランケット胴比1 : 1のコンパクト設計ながら印刷最高速度75,000 〜80,000 cphを実現し、卓越した効率性、経済性に特化した新聞輪転機となっております。現地稼働状況をビデオでも紹介致します。
 
 
ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To English To Chinese
著作権