TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)>
 
カラートップ7100CD、東日印刷株式会社様に納入決定

私ども東京機械製作所は、東日印刷株式会社様より、本社工場向け「カラートップ7100CDオフセット輪転機」2セットを受注致しました。

1月30日、調印式が東日印刷本社(東京都江東区越中島)に於いて執り行われ、東日印刷株式会社様より、代表取締役社長・取違孝昭様、専務取締役管理統括・鈴木進様、常務取締役印刷担当・今井田隆様、取締役印刷局長・渡邊博之様が出席されました。

弊社からは代表取締役社長・芝良計らが出席致しました。東日印刷株式会社様は、毎日新聞、スポーツニッポンなどの日刊紙のほか、業界紙、専門紙、機関紙など40数紙の新聞を幅広く受託印刷されております。

日本最大級の輪転設備を保有し、1日に約300万部もの新聞印刷を行う東日印刷株式会社様は、まさに日本の新聞ジャーナリズムを支える印刷会社といえましょう。

今回、本社工場向けに2セットを更新して頂いたことにより、本社工場14セット、川崎工場2セット、北関東コア(群馬県高崎市)3セットという体制で運用されることになります。これで3工場の合計が19セット体制となり、その全てが私ども東京機械製作所製のオフセット輪転機ということになります。

ご導入機は、本社工場と川崎工場に於いて実績のある4×2型の「カラートップ7100CDオフセット輪転機」です。

低速から最高印刷速度18万部/時に至るまで、安定した高見当精度で、優れた紙面品質が実現できる輪転機であることをお客様にご評価頂けたことが、この度の受注の運びとなりました。

輪転機構成は、3CT44・1CT21・1F・4Rが2セットで、32ページ24個面カラー印刷が可能となります。

併せて、TKSニュースペーパープロダクションコントロールシステムT-NPC、全自動紙通し装置FWL-200などの周辺装置もご発注頂きました。

本稼働は、1セット目が2014年2月、2セット目が同年11月を予定しております。
 

著作権