TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)>
 
TKS 4×1輪転機 読売新聞 新仙台工場(仮称)様に納入決定


私ども東京機械製作所は、2013年6月、読売新聞東京本社様より新仙台工場(仮称)向け「カラートップ・エコワイド・オフセット輪転機」を2セット受注致しました。

読売新聞東京本社様は、東日本大震災により被災し、操業停止を余儀なくされておりました仙台工場(仙台市)に代わる拠点として、新たに、宮城県大和町にある県所有の工業団地「大和リサーチパーク」内に、新工場を建設することとなりました。

当団地は、仙台市の中心部から約12km北方にあり、先端技術産業の集積地である泉パークタウン流通工業団地の北側に接し、東北自動車道泉IC・国道4号にも近く、都市圏交通網が整備された利便性の高い工業団地です。

この新仙台工場(仮称)様では、宮城県全域と岩手、山形両県内の一部に配る朝刊約12万部の印刷が見込まれています。

この度、ご導入頂くカラートップ・エコワイドは、高紙面品質と作業性を追求し、省資源・省電力といった環境性能も誇る4×1型輪転機です。

読売新聞東京本社様は、かねてより弊社製4×1型輪転機に注目され、株式会社高速オフセット摂津工場様にて本稼働中の、カラートップ・エコワイドをご視察頂いておりました。

その後、カラートップ・エコワイドの性能をさらに精査するため、実際に弊社かずさテクノセンターに幾度となくお越し頂き、実機にて、様々な角度から仔細に検証して頂きました。

その結果、お陰さまをもちまして受注の運びとなりましたことは、カラートップ・エコワイドの基本性能に関する優位性はもとより、その機構・構造においても高い評価を頂けたものと考えております。

輪転機構成は、2CT44・3CT21・1F・5Rの2セットで、40ページ16個面カラー印刷が可能です。

本稼働は、2015年2月を予定しております。



著作権