TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)>
 
ハワイ報知社様納入予定のジェットリーダー1500、始動式
 
静岡新聞社 代表取締役社長 大石 剛様 静岡新聞総合印刷 前田 洋志様(左)  
 
 

去る9月20日、弊社かずさテクノセンターにおきまして、実際にお納めするジェットリーダー1500の、日本における始動式が執り行われました。

当日は、静岡新聞社・大石社長様の運転開始操作による実印刷の模様をご覧いただきました。

輪転機のように始動ボタンを押すのではなく、PC画面上でのワンクリックというのも、デジタル印刷機ならではという感じが致します。

大石社長様のご挨拶の中におきまして、ハワイ報知社様への思い入れや、弊社への信頼感、ジェットリーダーに寄せる高い関心と期待など、私どもにとって大変意義のあるお言葉を頂戴しましたので、その概要をご紹介させて頂きます。

(以下抜粋)
「この度、東京機械のJETLEADER1500を、ハワイ報知社に導入することとなりました。ハワイ報知社は1912年に創刊され、既に100年以上の歴史を経ています。祖父の大石光之助が、その経営に関わっていたことから、私自身も大変思い入れが深い新聞社です。

そういったハワイ報知社に、東京機械のJETLEADER1500を導入することとなり、本日ここに始動式を迎えることは、大変感慨深いものがあります。

東京機械とは、輪転機で長い間のパートナーシップがあります。このJETLEADER1500は、シカゴのNEWSWEB社での稼働状況を実際に見て、ぜひ導入したいと思いました。

印刷物の種類が多いハワイ報知社では、JETLEADER1500なら経済的なのではと考えました。ハワイでは、日系人でも日本語の読める方が減りましたが、幸い、受託の印刷物が多数あります。

これから、このJETLEADER1500を使ってみて、様々なデータや問題点を東京機械にフィードバックしていきたいと思います。そして是非、万単位の部数が印刷可能なデジタル印刷機に育てあげて頂きたいと思っています。」

このように、弊社に寄せられた期待に十二分に応えられるよう、今後も、更なる生産性や品質の向上に向けて、一層努力して参る所存でございます。

 
 
ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To English To Chinese
著作権