TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)>
 
山陰中央新報社 新製作センター様 納入機 カラートップ 7100CD 始動式
 
 

去る3月26日、山陰中央新報 製作センター様に於きまして、製作センター増築完成記念を祝い、工場ならびに輪転機の今後の安定稼働を祈願する神事の後、新輪転機始動式が行われました。

弊社からは、代表取締役社長 芝 良計(当時)らが出席し、山陰中央新報社様より感謝状を頂戴致しました。

この度ご導入頂いたのは、国内外で数多くの稼働実績のある弊社製タワー型シャフトレスオフセット輪転機「カラートップ 7100CD」です。

最高印刷速度は18万部/時で、低速から高速に至るまで、安定した高見当精度で優れた紙面品質を実現する4×2型輪転機です。

山陰中央新報社様に於かれましては、かねてから輪転機や関連設備の老朽化に対応するため、印刷拠点の充実と機能の強化を検討されていました。

総合的にご検討を進められた結果、建屋の増築と新しい輪転機を増設することとなり、私ども東京機械製作所のカラートップ 7100CD オフセット輪転機をご採用して頂くこととなりました。

山陰中央新報 製作センター様では、既に弊社製のカラートップ6000オフセット輪転機を2セットお使い頂いておりますが、この度の新輪転機の導入により、同センター様の印刷機能とバックアップ態勢の強化が達成されました。

御挨拶の中に於きまして、山陰中央新報社 代表取締役会長 山根 常正様は、「この度の、新輪転機の導入により、山陰両県の読者の皆様に、鮮明な印刷の新聞、新しいニュース、あるいはホットなニュースをお届けする体制が整いました。読者とともに歩む、という地方紙の原点に立ち、この3セットの輪転機をフルに活用して、読者の皆様に喜んで頂ける新聞を作っていかなければなりません。読者あっての新聞、地方紙、そうした原点を忘れることなく、社員一同、頑張っていきたいと考えております。」と述べられました。

このように、より充実した地域密着の情報を提供する新聞の発行に、弊社製の輪転機がお役に立つことができますことを、私どもは大変光栄に思っております。

この度ご導入頂いた輪転機の構成は、2CT44・2CT41・1CT11・1F・5Rの1セットで、40ページ24個面カラー印刷が可能です。3月30日より本稼働を開始しております。
 
ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To English To Chinese
著作権