TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)>
 
  控訴審の判決に関するお知らせ 平成27年11月20日

  当社は、平成23年7月13日に「訴訟の提起に関するお知らせ」および平成25年4月30日に「訴訟の判決に関するお知らせ」でお知らせいたしました、当社を被告として提起され、三菱重工印刷紙工機械株式会社(以下「控訴人」といいます。)が控訴しておりました訴訟につきまして、平成27年11月19日、知的財産高等裁判所において判決の言い渡しがありましたので、下記のとおりお知らせいたします。
 
 
1. 判決のあった裁判所および年月日
   (1) 裁判所 : 知的財産高等裁判所
   (2) 判決日 : 平成27年11月19日
 
2.訴訟の経緯
 

  控訴人は、(1)当社の色濃度監視制御装置(CMAC)について、控訴人の特許権(特許第3790490号)を侵害するものとして差止および損害賠償を、また、(2)当社の新聞輪転機の版ずれ防止技術について、控訴人の特許権(特許第2137621号)を侵害するものとして損害賠償を求めて東京地方裁判所に訴訟を提起し、平成25年4月26日、控訴人の請求をいずれも棄却する旨の判決が言い渡されましたが、その後、控訴人は、後者の特許権(特許第2137621号)について訂正を行うとともに、第一審判決の全部を不服として知的財産高等裁判所に控訴を提起しました。

 
3.判決の内容
   (1)

色濃度監視制御装置(CMAC)に対する差止請求および損害賠償請求については、第一審判決の非侵害との判断を維持し、控訴人の請求を棄却しています。

   (2)

新聞輪転機の版ずれ防止技術に関する損害賠償請求については、第一審判決を変更して控訴人の請求の一部を認容し、当社に対して8,799万0088円及びこれに対する遅延損害金の支払いを命じています。

 
4.今後の見通し
 

当社は、判決の内容を精査のうえ、適切に対処してまいります。
本判決に伴う開示すべき事項が発生した場合は、速やかにお知らせいたします。

以 上
 

著作権