TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)
ジェットリーダー1500、バリアブル印刷によって実現した「母の日パーソナル新聞」
 

2016年9月8日、信濃毎日新聞社様の母の日特別企画「家族のはなし 2016」『信濃母日新聞』が、日本新聞協会 第36回新聞広告賞(新聞社企画部門)を受賞されました。

今回の特集は、2014年に第34回新聞広告賞を受賞されました企画特集「家族のはなし」のシリーズ第3弾として展開されたもので、既にTKSホームページにて取り上げさせて頂いたことも記憶に新しいかと存じます。

本企画は、母の日の5月8日付で発行された12ページの別刷り特集で、題字の「信濃毎日新聞」の「毎」を「母」に入れ替え「信濃母日新聞」として展開されました。

約8千本のカーネーションの写真が紙面を彩り、見開きページに配したカーネーションの画像は立体的に浮かびあがって見える視覚効果を利用。母親への感謝の思いや逸話の投稿も掲載されました。

 
題 字 新聞のメイキング写真  
 
    約8千本のカーネーションで彩った紙面



実際の新聞 立体的に浮かびあがって見えるカーネーション
 

ここで、日本新聞協会様によります受賞理由をご紹介させて頂きます。

「カーネーション生産量日本一の長野県の地元紙として、母の日をテーマにさまざまな角度から愛情あふれる特集を展開した。カーネーションで彩った紙面は、母への思いを呼び起こし、家族の絆を見つめ直すきっかけとなり多くの読者の共感を得た。特に「母の日パーソナル新聞」は最新の印刷技術を使って一人ひとりに家族の思いが届けられ、多くのお母さんのサプライズと感動を呼び、新しい試みとして成功した。 端正なクリエーティブとメッセージの清らかさも地元紙への親近感を高めた。新聞社の機能を最大限生かし、新聞広告の可能性を広げた作品として高く評価された。」とあります。

この「母の日パーソナル新聞」を発行するにあたり、弊社のデジタル印刷機「ジェットリーダー1500」が採用されました。

バリアブルデータとなるメッセージ文を可変印刷することによって、見開き面のメッセージ内容がそれぞれ異なる世界で1部だけの パーソナル新聞を印刷いたしました。

オリジナルメッセージ入り「母の日パーソナル新聞」











ジェットリーダー1500による「母の日パーソナル新聞」の本番印刷

 

 

 


ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To English To Chinese
著作権