TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 会社紹介 > 環境への取り組み
環境マネジメントシステムISO 14001
   
  環境マネジメントシステムの適用範囲
環境マネジメントシステムに影響を与える内部及び外部の課題
    1. 内部の課題
      (1) 製造業のライフサイクルを考慮した生産管理体制の強化と実施
    (2) 環境負荷を配慮した迅速なサービスの提供
      (3) 環境負荷を考慮した新事業の検討
      (4) 原価低減により付加価値向上と共に環境負荷の低減を行う
      (5) 本社、工場及び各営業所近隣での共生活動の推進
      (6) 産業廃棄物の削減、原材料消費の削減、電力使用量の削減
      (7) 環境に配慮することも含めた新聞の付加価値の検討
      (8) 緊急対応訓練も含めた該当法令等の順守
      (9) 省資源型輪転機の開発・販売
      (10) 定期的に環境教育を実施する
      (11) EMS情報の周知徹底方法の確立
      (12) EMSの継続的改善を確実に行う
      (13) 目標達成のために適切なEMS運用を全社一丸となって実施する
    2. 外部の課題
      (1) 外注業者等とのサプライチェーンマネジメントの確立
    (2) 環境影響を考慮したときのサービスの即応性の低下
      (3) 高環境負荷事業への非参入
      (4) 売価低迷による原価低減効果の減少
      (5) 本社、工場、各営業所近隣からの苦情対応は誠実に行う
      (6) 産廃、材料及び電力の削減目標は生産量増加に伴い変更を余儀なくされる
      (7) 新聞の付加価値向上に見合う新聞購読量の増加
      (8) 該当法令改訂情報の収集を確実に行う
      (9) 売価低迷に伴う売上減少の拡大
      (10) 外部セミナー等の活用も加味した環境教育の実施
      (11) 宣伝効果も兼ねたEMS活動情報の開示
    順守義務
      (1) 国及び公的機関に対して主に法令、規制、条例等の順守を確実に行っている
    (2)
かずさ環境協定に沿った生産活動を実施している
         
        弊社では環境マネジメントを工場、本社、各営業所で展開しています。
 
 

著作権