TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)>
 
IFRA EXPO 2011に出展
 
Reed Messe Wien展示場 
弊社ブースに来場されたCONPT-TOUR 2011の皆様   

去る、10月10日から12日の3日間、オーストリア・ウィーンのReed Messe Wien展示場にて、WAN -IFRA(国際新聞技術研究協会)主催の第41回 IFRA EXPO 2011 (新聞製作機材展)が開催されました。

この展示会は世界規模で開催される印刷機材展のひとつで、昨年はドイツのハンブルグで開催、ウィーンにおける開催は2年ぶりです。今回は34カ国、300社を超える出展があり、期間中、90カ国から約8,000人の来場者がありました。

Reed Messe WienのホールAを上流部門、ホールBを下流部門に分けて展示が行われました。

ホールAの上流部門では、主にCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)、編集・組版、モバイル・タブレット、広告管理などのソリューションを提供するメーカーが出展しました。

ホールBの下流部門では、新型機種の開発ではなく、自動化・効率化、省エネ技術、性能アップなど既設機をベースにしたものを中心に出展していました。特に輪転機の分野では、各種調整機器の自動化・省力化をはじめ、精度アップや損紙・インキ消費量削減を目指した改良技術を、多くのメーカーが各展示ブースで紹介していました。

私ども東京機械製作所は、展示ブースをホールBの一角に設け、インクジェット方式デジタル印刷機JETLEADER 1500と、初のインド向け輪転機 カラートップ5000UDIのビデオ紹介およびパネル展示を行いました。

輪転機メーカーである弊社がデジタル印刷機を製作したということは、世界的に注目を集めており、来場されるお客さまもJETLEADER 1500のプロモーションビデオを大変熱心にご覧になっていました。

JETLEADER 1500は、弊社にとってこれから特に注力すべき製品と位置付けております。

このIFRA EXPO 2011をはじめ、先日、わが国で開催されたIGAS2011、インド開催のIFRA INDIA 2011、中国開催のALL in Print China 2011などの各展示会にてJETLEADERの映像を流しました。また、去る10月25日・26日の両日、弊社の新たな生産拠点である「かずさテクノセンター披露祝賀会」に於いては、ご来臨されたお客さまに実際に印刷の様子をご覧頂きました。

ここで今回のTKS NEWSでは、このJETLEADER 1500のプロモーションビデオを動画にてご紹介致します。

JETLEADER1500(10分)

もうひとつの動画は、本年9月よりインドのマトゥルブミ社で本格稼働を開始した4×1型新聞用輪転機、カラートップ5000UDIの現地印刷風景です。

カラートップ5000UDI(3分58秒)


IFRA EXPO会期中、弊社の展示ブースにはインドの主要新聞社のお客様が多数来場され、カラートップ5000UDIのインドに於ける注目度の高さを改めて感じました。

また、ヨーロッパ、アジア、南米諸国の新聞社および印刷会社からの引き合いや、付属装置や資材関連のメーカー関係者など多数の来客があり、常に活況を呈していました。

今回のIFRA EXPO 2011を振り返りますと、オフセット輪転機ではコスト削減のためのテクノロジーの他、従来のように同じ情報を大量に流すという方向から、広告も含めて情報のローカル化やパーソナル化に移行する流れや、セミコマーシャル分野への動きも見られました。

またデジタル印刷機に関しましては、インクジェット方式による印刷や広告の高付加価値化としてのビジネスモデルの流れがさらに加速しています。

実際に弊社ブースにもJETLEADERに関心を持っているというお客様が多数占めており、技術的な質問も数多くありました。来年5月に開催されるDrupa2012に於いてJETLEADERの実機運転が大いに期待される今回の展示会となりました。

 
 
ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To English To Chinese
著作権