TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)>
 
カラートップ7100CD、山陰中央新報社様に納入決定
 
山陰中央新報社様社屋 現在稼働中のカラートップ6000

私ども東京機械製作所は、2013年3月、山陰中央新報社様より山陰中央新報製作センター向け「カラートップ7100CDオフセット輪転機」を1セット受注致しました。

昨年、創刊130周年を迎えられた山陰中央新報社様は、宍道湖と中海に挟まれた水の城下町、島根県松江市に本社を置き、地方紙『山陰中央新報』として、島根に密着した新聞づくりをされています。

北は日本海、南は中国山地を望み、東西に長い山陰地方の中央に位置する山陰中央新報製作センターを印刷拠点とし、既に弊社製のカラートップ6000オフセット輪転機を2セットお使い頂いております。

この度、お使い頂いているカラートップ6000に加えて、新たにカラートップ7100CDをご導入頂くことで、東西に長い山陰地方を十分にカバーできる3セット体制での運用となります。

ご導入頂くカラートップ7100CDは、国内外で数多くの稼働実績のある4×2型輪転機です。低速から最高印刷速度18万部/時に至るまで、安定した高見当精度で優れた紙面品質が実現できることをご評価頂きました。

輪転機構成は、2CT44・2CT41・1CT11・1F・5Rの1セットで、40ページ24個面カラー印刷が可能です。

さらにTKSニュースペーパープロダクションコントロールシステムT-NPC、全自動紙通し装置FWL-200、自動見当制御装置TRC-5000、紙面監視装置INS-500、スプレーダンプナー装置TSD-2000SV、TKSカットオフ・コントロール・システムT-CUTTERなどの周辺装置もご導入頂きます。

本稼働は、2014年4月を予定しております。

 
 
ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To English To Chinese
著作権