TOKYO KIKAI SEISAKUSHO, LTD. サイトマップTo EnglishTo Chinese
ホーム > 新着情報(これまでの情報)>
 
ジェットリーダー1500、パラパラ漫画アニメーション制作に採用される
 
皆さま、「鉄拳」をご存知ですか?長野県大町市出身のお笑い芸人です。「振り子」、「絆」、「ツナガル」といった、いわゆる「パラパラ漫画」で一躍注目を集め、その作品は、NHKの『あまちゃん』でもフィーチャーされました。海外からも高い評価を受けており、もはやお笑いのレベルを超えたパフォーマーと呼んでいいでしょう。

その鉄拳さんが、なぜ、お堅いTKS ホームページに?それを、これからご披露させて頂きます。

この度、私ども東京機械製作所は、信濃毎日新聞社様の「創刊140周年記念企画」に協力をさせて頂きました。

 
信濃毎日新聞社様「創刊140周年記念企画」の『家族のはなし』  
 
   
信濃毎日新聞社様では、去る7月5日より、創刊140周年を記念して、鉄拳さんとのコラボレーションによる家族をテーマにした企画『家族のはなし』を展開されていました。

そのクライマックスとして、去る11月17日の「家族の日」に、読者から寄せられた、文章による『家族のはなし』と、鉄拳さんの最新作『家族のはなし』の、なんと1918枚におよぶ全カットを掲載した特集号を発行されたのです。1918カットは鉄拳さん史上最長だそうです。

企画は特集号の発行にとどまらず、膨大な1918カットをパラパラ漫画本来の姿である「動画」とするべく、信濃毎日新聞社様、映像制作スタッフ、そして私どもの3社で綿密な打ち合わせが続きました。

鉄拳さんによるパラパラ漫画の動画は、既にその多くが発表され、YouTubeを始めとした、いわゆる動画サイトで視聴できるわけですが、そこに、新聞社ならではの、そして信濃毎日新聞社様ならではの感性と方法論を注ぎ込んで、今までに誰も見た事のない動画作品を作ろうという、これは新たなチャレンジでした。

どうしたら、新聞社ならではの感性でパラパラ漫画を創ることができるのか?新聞社と言えば輪転機。ならば新聞用オフセット輪転機でパラパラ漫画を印刷したら、というアイデアが当然浮かんできます。

しかし、どうやって?1918回の版替え?あり得ません。ならば、1918カットを連続して印刷するか?それも違います。パラパラ漫画は1枚ごとの絵柄が異なるため、版替え回数、作業労力などの点から、現実的にはオフセット輪転機では印刷できません。

いま振り返っても不思議なのですが、鉄拳さんのパラパラ漫画を、なんとか私どもの機械で、「パラパラと」印刷したいという欲求は、実は新聞印刷における「バリアブルデータ」処理の本質に繋がっておりました。

1918枚、すべて異なるバリアブルデータを連続して印刷するには、デジタル印刷機、すなわち「ジェットリーダー1500」しかありません。

ジェットリーダーで1918枚のカットを連続的に印刷する。紙面上のある部分を可変データとして印刷する。これはまさにバリアブル印刷のシミュレーションです。そして、今回はさらに、そのバリアブルデータを撮影してパラパラ漫画にしてしまおうというわけです。

そこで、8月中旬以降、映像制作スタッフと伴に、ジェットリーダー実機による検証を行いました。テスト撮影では何とか形になる事がわかり、ある程度の手応えを掴みました。

テスト撮影時の様子


しかしながら、ジェットリーダーの印刷速度とパラパラ漫画の速度の同期がとれず、毎秒数ミリの誤差が生じ、アニメーションが画面上を動いてしまうという技術的な問題に悩まされました。

この難問も、制作会社スタッフと私どもの技術陣が連携し、1シート分の紙面サイズと、配置画像の大きさ、位置、ピッチ間隔を算出、さらにジェットリーダーの印刷速度を微調整し、カメラ側での撮影コマ数を設定する事により、見事にクリアすることができました。

本番撮影時の様子
   
 
動画投稿サイトYouTubeで公開中  

信濃毎日新聞社様より、このような機会を東京機械製作所に頂きました事を、私どもは大変光栄に思っております。そして、1918枚のカットをPDF化してジェットリーダーで印刷することによって、デジタル印刷の未来、バリアブルデータの可能性に関して、いま一度認識を新たにできたことは、とても貴重な体験であったと考えております。

去る11月17日、鉄拳さんのパラパラ漫画の最新作『家族のはなし』が、YouTubeに公開されました。現在では約49万回視聴され、Facebook等でも大きな話題となっております。

それでは皆さま、信濃毎日新聞社様よりご提供いただきました『家族のはなし』(新聞印刷機アニメーション)を、メーキング映像と共にご覧下さい。
 
ホーム会社紹介IR情報採用情報新着情報展示会情報製品情報納入情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ画面上へ↑To English To Chinese
著作権